この愛は死なない

キミがボクの陽だまりになると歌うから

聖なる夜にジャニーズWESTが私にかけた魔法

2016年12月24日ーーー。

あの日、京セラドームは世界中のどこよりも素敵な、温かく優しい愛で満たされた場所だったと確信している。
それはジャニーズWESTが、彼らのスタッフと、そして彼らのファンと作り出した聖なる夜の”奇跡”だったと思う。
私はあの日、ジャニーズWEST7人が魔法をかけていく瞬間を何度も何度も見た。私の胸に届けてくれた輝きと、トキメキと、ありあまる幸せを一人でも多くの人に共有したい。そして私自身も一生忘れずにいたいと思うので、拙いけれど、ここに記します。
 
 
 
 
ファンの温かさ
半年前に小瀧くんファンになったばかりの私にとって今回が初めてのジャニーズWESTのコンサート。
行き慣れたはずの京セラドームだったのに、足を踏み入れた瞬間、その大きさ、まばゆさに新鮮にときめいてしまった。
7色の光線が柔らかくまっすぐに伸びて会場中を照らしていて、今から私はようやく7人に会える、彼らが描き出す7色の世界をこの目で見ることができるのだと胸を躍らせた。
 
開演前、ええじゃないかのインストルメンタルが流れ出すと、どこからともなく歌声が聞こえ始め、瞬く間に会場中が合唱をしていた。
ジャニーズのいろんなグループのいろんな公演を見たけれど、こんな体験をしたのは初めてだった。
歌うことを強要するわけでなく、それぞれが楽しみで仕方ない!と溢れる期待を抑えきれず、思わず口から漏れ出てしまったかのように自然に始まったその歌声は、なんとも素敵な響きで、一気に会場が愛に包まれた。
開演前にファンが場を温めるーーーファンが会場に愛ある魔法をかけた瞬間を体感し、私はジャニーズWESTに会う前に彼らのファンのファンになってしまった。まさかの”ジャニーズWEST担”担。笑
曲の終盤にある「もう一回!」と言うフレーズがあまりにも揃っていて、会場中が声をそろえて穏やかな笑いに包まれたとき、私は「このコンサートは絶対に大成功するな」と確信した。こんな素敵なファンがいるなら、こんな愛ある人たちと過ごせるなら、絶対に楽しいコンサートになる…!
 
 
 
夢が叶った瞬間の煌めき
オープニング、まず映像が流れる。サンタの格好をした6人とトナカイの格好をした濵ちゃんがプレゼントを届けようと向かっている時に、誤ってトナカイの手綱を放してしまい上空から京セラドームへと落ちてしまう、という内容。
今まさに7人が愛と幸せのプレゼントを届けに舞い降りてくるようなそんな演出に胸が高鳴った。
 
幕が降りて「ええじゃないかーーー!」と叫ぶ彼らと彼らのファン。あまりの声の大きさに、ぐんぐんと押し寄せてくる声の波にゾクゾクした。
ううう、やっぱりこの人たちのファン最高だ!!!
この瞬間を、メンバーも、ファンも心待ちにしてたんだなぁ。私もこの場に居させてもらえて嬉しいなぁと思った。
 
程なくして、涙が私の頬を伝っていたーーー。
小瀧くんが、その恵まれた身体全部使って喜びを爆発させている。
いつもテレビで見る彼と一味も二味も違う彼だった。いつも以上に大っきく、全身をつかって踊り、飛び跳ね、高々と腕を上げ、何度も何度も客席に自分のマイクを向ける。4万5千人分の声を聞きたい「もっと声を聞かせて!」というように客席を煽る。
今、この瞬間に彼の夢が叶っている…!と思うと、彼の今までの苦労や努力、沢山の汗や涙、、、見てきたわけでもないのに、様々なことに想いを馳せて泣けて泣けて仕方なかった。
 
後から何故あんなにも泣いてしまったのかと、冷静になって考えてみたら、
小瀧くんが何度も何度も、本当に何度も何度も嬉しそうにマイクを高々と掲げるその姿がまるでガッツポーズをしているように見えたからだと気付いた。
「やったぞー!」と言わんばかりに天へ向けて拳を突きあげている様が、”あの頃の夢”を叶えた自分自身へ、そして”悲しい別れ”をしたかつての仲間たちへの「俺、やったぞ!お前らの分の夢も叶えていくぞ!」というガッツポーズに見えたんだ。だからあんなにも心を打たれたのだ。
きっと私は何度だってこの小瀧くんの姿を思い出すし、その度に彼を好きになる。一生忘れない、忘れたくない大事な大事な煌めく小瀧くんの姿。
 
 
 
 
リアルタイムで等身大の想いを届けてくれるジャニーズWEST
ジャニーズWESTは7人ともめちゃくちゃ煽りがうまいなとファンになる前から度々思っていた。そしてその思いはファンなってさらに強くなった。
 
一人ずつの自己紹介挨拶で特に心に残っているのは濵ちゃんの挨拶である。
彼は「僕らの”夢”にようこそーーー!」と叫んだ。
なんと素敵な出迎えの言葉なんだろうと思った。
そうだ、小瀧くんだけでなく、”7人の夢”が叶ったんだ!今から、彼らが長年夢見た世界が拓かれていくんだ!
彼らは夢を掴んで「ほら、これやで!これが僕たちの夢や!」って私たちにも見せてくれ、そして私たちのことも夢の一部にしてくれたんだ…!
なんと幸せなことだろう。”夢”を形にして、見せてくれ、一緒に楽しませてくれる。
この人たちについていったら、きっとずっと楽しい”夢”を見せてくれるんだろうなぁと、漠然と、でも力強くそう思った。
 
 
淳太くんは「俺頑張っちゃうから!頑張ってみんなのこと全力で落としに行くから!全員俺たちから離れられないようにしてやるから」と言った。
照史くんは「今日はXmas。もしかしたらこれが終わってから彼氏に会う人もいるかもしれない。でも彼氏が見せられない世界を俺たちが見せたる!ついてこれんの!?俺たちから離れないの!?約束やぞ!」と言った。
 
なんとも頼もしい兄組のオープニング挨拶だった。グッと観客の心を掴みに行き、これから始まる夢の世界へと誘い込んでくれるその言葉にクラクラした。
 
 
 
 
「誰一人、置いていきません。」
カッコいい曲を立て続けに歌ったのち、可愛い男の子の映像が流れる。
その男の子が持っている時計の針がどんどん巻き戻ってJr.時代の彼らの映像が次々と映される。
そして、当時の衣装を着た淳太くんと照史くんがステージ上に現れ、当時歌っていた曲を歌う。2人だけでなく、濵ちゃんも、7WEST(重岡、神山、藤井、小瀧)も。
残念ながら私は彼らのJr.時代をほぼ知らない。偶然残しておいた過去の少クラ映像で見たことがある程度なので、昔から彼らを応援してきた人たちにとってはとんでもなく嬉しい演出だろうなぁとは思ったけれど、正直過去の曲を当時の衣装で歌われたところで何の感慨もなかった。だって知らないんだもの。浸りようもない。ほぼ初めまして、の彼らだ。
 
でも、これは彼らからのお守りなんだと、今になって思う。お守りであり、私を呪いから守ってくれる魔法だとも思った。
だって、きっと彼らのことを好きになれば好きになる程、彼らの過去を知りたくなるだろうし、なんでもっと早くに出会えなかったんだろうと、悔いても仕方のないことを後悔する日が絶対に来るだろうし、過去を見てきた昔からのファンの方々を羨んでもしかしたら妬ましく思うことだってあったかもしれない。私がそんな呪いにかからないようにあらかじめ守ってくれたんだ。
今、見てるでしょう?僕たちこうやって大きくなってきたんだよって、見せてくれたから。
淳太くんは25日昼公演の最後の挨拶で「誰一人として置いていかない」と言ってくれた。
そういうことだったのか、と、とても納得した。
昔からのファンの人には今まで支えてくれてありがとう。これからも宜しくね、と過去の衣装を着て当時の歌を歌いつつも大きくなった姿を見せ、
最近好きになったファンには僕たちはこうして進んできて、今こうして7人が集まったんだよ、これから一緒に支えてねって、
過去も現在も未来さえもぎゅぅぅうっと抱きしめているような演出に感じた。
彼らは誰一人として置いていかない。誰も見捨てない。切り捨てない。みんなみんな手を取って、手を引いて、抱きしめて進んでくれる。そんな温かさと心強さを感じたコーナーだった。
 
 
 
人生の応援団ジャニーズWEST
ジャニーズWESTの楽曲は明るくてテンポが良くておちゃらけた関西ソングが多い、と思っている人は少なくないと思う。
私も実際そうだった。
でも、その歌詞をよく見てみると実に深い歌詞や力強い歌詞、勇気付けてくれる歌詞が多いのだ。
 
君にありったけラッキィを届けたい
そのための 無敵の7人、さぁ行こうか!
(ラッキィスペシャル)
 
笑うてみるだけで ラッキー最高潮
明日も元気に参りましょう
合言葉は、お・お・き・に!
(ジパング・おおきに大作戦)
 
ズッコケてもええねん 這い上がればええねん
歌ったれ 叫んだれ ピッカピカのピース
(ズンドコ パラダイス)
 
どの曲も明るいメロディーに合わせて弾ける笑顔で歌う7人に、どうしようもなく泣けてしまった私がいた。
こんなにも勇気付けてくれるグループが未だかつていただろうか。彼らから溢れ出る多幸感がすごい…!
あー!明日も生きよう!大丈夫!何があっても無敵の7人ついてるわ!と思わせてくれる力強さに嬉しくて泣き笑いした。
 
 
生きていくことの半分は 壁にぶちあたるばかりだ
残された半分は それを乗り越えてゆくためだ
人生は素晴らしい 何よりも誇らしい
ひとつ、ひとつ諦めずに ためらわずに行け!
未来とは七不思議 信じれば叶う夢
僕と、僕と新しい明日を叫ぼう
(人生は素晴らしい)
 
デビューの際に色々とあった彼らが「諦めずに ためらわずに行け!」と言ってくれる説得力溢れるこの歌の力強さが好きだ。
「信じれば叶う夢」とあるが、信じているだけでは夢は叶わないということもきっと彼らは誰より知っている。
だからこそ、夢に向かって努力しなければならない。幸せは歩いてはこないから、だから行け!行け!と背中を押してくれる。
 
 
キミはキミのために生きるんだ
ボクはキミの陽だまりになる
(ボクら)
 
アイドルが「キミはキミのために生きるんだ」と歌うことに、私はハッとした。
いつだってアイドルは「応援してください」「支えてください」「ついてきてください」とお願いする立場の人なのだと思っていたからかもしれない。
でも、彼らは「キミはキミのために」という。
ジャニーズWESTはシングル等の発売がある度に”お財布の心配”をしてくれる(笑)
複数形態発売される時は「友達と貸し借りしたらええ」と言ったそうだ。
そんなアイドルいる??(笑)
衝撃的だった。
でも、お陰で、勢いだけでなく、長ーーーく彼らを愛せそうな気がする。
 
そして個人的な話をすると、25日昼公演でこの「ボクら」を歌った際に、本来上記のフレーズは重岡くんが一人で歌うパートなのだが、小瀧くんがスポットライトも当たらない中、「ボクはキミの陽だまりになる」とひっそりと口ずさんでいたのがとてもとても嬉しかった。小瀧くんは「ここ俺が歌いたかったわぁ」と言っていたので、単純に好きなフレーズをただ口ずさんだだけなのだろうけれど、私は都合よく解釈して「ああ、私は陽だまりに出逢ったんだなぁ」と思ったら、心がどんどん温められてほろほろと解けていくのがわかった。
 
特別不幸せなわけではないけれど、長いこと霞みがかっていた私の人生は、あの日、聖なる夜に、彼らが放つ七色の陽だまりに包まれて少しずつ、ゆっくりと彩りを取り戻せそうな気配がしている。
 
いつか私も、あの重岡くんのように「おーーーーい!見てるかぁ!…やったなぁ!」って、今の自分に言ってあげられるように、顔を上げて、歯を食いしばって突き進んでいきたい。
 
 
ありがとうジャニーズWEST
あなたたちに出会えてよかった!Xmasを捧げてよかった!
ありがとうジャニーズWESTファン!
あんなに温かい気持ちにさせてもらったのは初めてです。
 
最高のXmasをありがとう!!!!!!!
きっと私は毎年Xmasになったら思い出すだろう。
自然発生的に広がったファンの歌声ー、
煌めく小瀧くんの姿ー、
7人の力強い言葉の数々ー、
立ち上る火柱の熱さー、
そして終演後、京セラドームの天井にレーザーで描かれた「Merry Chiristmas」の文字を。
 
あーあ。ジャニーズWESTに烙印を押されてしまったなぁ〜!
心のど真ん中に、雪の結晶の形をして、燦然と輝いている。
この烙印はいつまでも消えない魔法であれ!
 
 
2016年12月27日